格安スマホ・シムチャンネル

SIM・・・これが読めないアナタは損しているかも!?そんなアナタも安心!格安スマホ・シムに関する情報をわかりやすくご提供します!

乗り換え 格安スマホ

2017年春の格安スマホ普及率は10%!? キャリア解約の壁

投稿日:2017年8月17日 更新日:

皆さまはどの会社のスマホをお使いですか? 私は初めて携帯電話を持ってから今までずっとdocomoです。昔はauの方が可愛いデザインの端末が多くて羨ましかったり、進学した先がなぜかsoftbankユーザーが多い地域だったことから、無料通話目当てに2台持ちをしたこともありましたが、メインはずっとdocomoを使っています。私自身なぜdocomoを使い続けているかというと、

  • 「ナンバーポータビリティ」がなく、電話番号が変わることに不便を感じる
  • 「かけ放題」プランがなく、「家族間通話」は無料だった

などの色んな制限があり、キャリアを変えることは抵抗があったんですよね。

スマホで電話する女性

今はどちらもある上、格安スマホの登場で選択肢が増えたんじゃないかと思います。そんな「乗り換え」しやすい時代ですが、格安スマホの普及率はまだまだ圧倒的に少ないのです! 一体どういうことなのでしょうか?

メイン利用のスマホの80%を3大キャリアが占めている

MMD研究所(https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1638.html)」が行ったアンケートのよると、昨年と比べて格安スマホ・格安simの普及率は上がったという結果があるものの、メインで利用するスマホは相変わらず3大キャリアが定着しているようです。Y!mobile3大キャリアに次ぐサブキャリアブランドという立ち位置とされていますが、値段設定は格安スマホ同等ですので、MVNOと合わせて「10.8%」と換算します。)

データ

出典:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1638.html

環境を変化させるのに抵抗がある

実は私もそうなのですが、「長年使っていたものを手放して新しいものを使う」ことに抵抗があるんですよね。長年ガラケーを使っているとスマホにするのに抵抗があるみたいに。プラン内容を比較しても格安スマホの方が断然安いのはわかるのですが、今まで慣れ親しんだ会社とどう違うのかというのは使ってみないと分かりませんし、使ってみて「やっぱり前の方が良かった。」なんて後悔をしたくないのが本音です。

「格安スマホでできないこと」が原因?

格安スマホとキャリアのスマホの大きな違いといえば、「通話料が高い」「メールアドレスがもらえない」ですよね。キャリアでは「かけ放題」が標準になりつつありますし、メールアドレスはケータイに1個付いてきます。キャリアでは当たり前のことが格安スマホだとそうはいかない、という違いも大きく関わっているでしょう。

スマホメール

キャリアと同等のサービスが受けられない

格安スマホの場合、購入後の初期設定は自分で行わなければなりません。特にナンバーポータビリティの場合、以前使っていたsimカードから新しいsimカードに移すタイミングをMVNOに指定されてしまうので、少し面倒に感じるかも

他にもセキュリティーサービスやクラウドサービスといったキャリア独自のサービスは使えませんので、個々で専用アプリをダウンロードするなど、自分で行うことがたくさんあります。

キャリアは店舗があるのでわからないことがあれば店舗で気軽に相談できますが、インターネット販売がメインの格安スマホは問い合わせが基本的にメールのみ。

回答に時間がかかるので、ある程度スマホの知識を兼ね備えないと乗り換えるには不安が大きいと思います。これも安さの理由のひとつなのですが、機械操作が苦手な方は頼れるキャリアの方が心強いですよね。

悩む女性

「解約料」と「2年縛り」が大きな壁

先日私は某Wi-Fiを解約しました。パソコンやタブレットを使うのにネット回線が必要だったのでとても重宝したのですが、スマホのデザリング機能を知ってから不要になり、毎月の通信量の節約のために解約したのですが、契約期間未了だったので解約手数料と事務手数料で1万円以上支払うことに。この解約料がスマホにとってもネックな存在ですよね。

解約時に必要な費用とは?

ナンバーポータビリティを利用してスマホを解約する場合、

  • 契約解除料(解約金) 9,500
  • MNP転出手数料: 2,000~3,000円(キャリアで違いあり)
  • 契約事務手数料: 3,000

という費用がかかります。端末代の支払いが残っていたらさらにかかっちゃいます私は去年機種変更したばかりなので費用を抑えて乗り換えるためには、端末代を支払い終わった1年半後、というわけです。ちなみに私の端末の分割支払い残高は45000円なので、ざっくり計算して60000。ポンと出せる金額ではありませんね。

まとめ

格安スマホはその安さから家計を圧迫するスマホ代を安くする救世主ですが、ナンバーポータビリティ―が普及した今でも、「2年縛り」の影響で他社に乗り換えるのはまだ気軽にとは言えません。

実際、「2年縛り」のお陰でキャリアの端末を割引で購入できたり、基本使用料が安くなるなどの恩恵もあるので、格安スマホが3大キャリア並みの普及率を達成するのはもう少し先になるかもしれませんね。

しかし先日ニュースでも取り上げられていましたが、格安スマホ業界はサービス競争の時代を迎えました。細やかなニーズでどのようにお客さんの心を掴むのか、格安スマホ市場は今後も目が離せません! 格安スマホ業界の発展を期待しながらこれからも注目していきます♪

-乗り換え, 格安スマホ

執筆者:

関連記事

混乱

【徹底解説】今更聞けない!パケット料って?データ通信量の目安って?

テレビを見ていると最近では格安スマホも登場して、各携帯会社が料金プランや特典を充実させユーザー獲得のためしのぎを削っています。そんな中でよく耳にする「パケット」や「データ通信量」。 知っているようで、 …

子ども携帯

子どもにスマホは必要?見守り機能付き格安スマホの需要が上昇!

新学期、子どもが小学校や中学に入学する季節は、そろそろケータイを持たせるかどうか悩む時期でもありますよね。最近では当たり前のようにスマホを使いこなす子どもが増え、連絡が取りやすく安心な面もあれば、適切 …

デバイス各種

2台持ちで料金節約! 格安スマホとガラケーを上手に使いこなそう!

今話題の格安スマホ。料金が劇的に節約になるとのことで、家計を預かるママさん達にとっては興味津々ですよね!だからと言って今使っているキャリア端末を解約するにも勇気がいるもの。 でも節約も気になる!! と …

失敗しないために!格安スマホへのデータ移行について、徹底チェック!

格安スマホへ乗り換えしたいけれど、今使っている電話帳やLINEなどのデータ移行に、不安を感じている方もいらっしゃると思います。大手キャリアのスマホは、お店でデータ移行をやってくれますよね。 しかし、格 …

スマホとクレジットカード

携帯番号そのまま!格安スマホでナンバーポータビリティ(MNP)を利用する方法! 

大手携帯会社から別の大手携帯会社へ乗り換える際、事前にナンバーポータビリティ(MNP)の予約をし、新しい携帯会社の店舗で契約すれば電話番号を変えずに乗り換えができますよね。 では、店舗のない格安スマホ …